まずは知る事から始めよう

自分は大丈夫だと信じたいけれど、加齢に伴い髪のボリュームが減ってきて、このままではヤバいかもと思う事もあるでしょう。
そんな時、嘆いていたり、ひたすらに悩んでも状況は改善しません。
むしろ悩む事もストレスの1つとない、余計に進行が早くなってしまう可能性もあります。
そのため、まず真っ先に知って欲しい事は、正しい知識を得る事です。

どうして髪が抜けてしまうのか、その原因について知り、どうすれば発毛・育毛の効果を得る事が出来るのか知りましょう。
抜け毛の原因は、1つではないかもしれません。
不規則な生活を送っている、仕事でストレスも多い、食生活は野菜はほとんど食べずに自分の好きなものばかり食べている。
そして遺伝も大きく関係しています。特に父親がハゲてしまっていたり、母親の家系でも男性はハゲている人が多いという場合は注意が必要です。

遺伝も環境もどちらも関与していますが、遺伝ばかりはどうする事も出来ません。
そのため私たちが出来る事は、環境を髪と頭皮に健康的な生活にする事と、育毛剤などの発毛・育毛グッズを活用することです。
そして生活習慣として、間違った髪の毛の洗い方をしている可能性があります。
ゴシゴシと爪を立てて洗ってしまい、頭皮を傷つけているかもしれませんし、シャンプーをつけすぎで、キチンと洗い流す事が出来ていないかもしれません。そのため正しいシャンプーの仕方、マッサージの仕方、そして髪の乾かし方を改めて確認してみて下さい。

食生活に関しては、髪にいいモノを単品で食べるというよりも、年齢的にも健康に気遣わなければいけない年齢です。
髪が抜けてしまうのは、身体が発するSOSなので、健康になる事を意識した生活を送れば、自然と髪も健康になると言えるでしょう。
そのため栄養のバランスのとれた食事を心掛け、そして適度に運動をし、睡眠時間をしっかり確保して下さい。
仕事上、勤務時間の関係で夜型の生活になってしまうという人もいるかもしれません。
ですが、なるべく規則正しい生活を送るように心がけましょう。

このように生活習慣を改めた上で、発毛・育毛効果がある成分を配合された育毛剤を使用すると効果が出やすいと言えます。
ただし商品によって効果の度合いは異なります。
そのため片っ端から試してみるのではなく、まずは情報収集を行い、育毛効果が高いと評判になっている育毛剤を探してみて下さい。

出来るだけ早くケアをスタートさせる

健康を維持したいと思ったら、出来るだけ早い段階から健康である事を心掛けておく事が必要です。
そしてそれは髪の健康においても言えます。
まだまだ20代や30代は若く、エイジングケアは必要ないように思えるかもしれません。

ですが女性が薄毛が気になりだす40代は、20代30代をどのようにケアしてきたかで大きく差が付きます。
40代になって慌てないように、出来るだけ早い段階から髪の健康について考えてみて下さい。
そしてそれは髪の健康だけでなく、身体の健康にも大きく影響するため、一石二鳥だと言えるでしょう。

まず考えなければいけない事は、女性ホルモンの減少と血行の流れが悪くなる事についてです。
どちらも抜毛や薄毛の原因となってしまいます。
女性ホルモンの減少も血行の流れの悪化も、生活習慣に大きく関係しています。
食生活や運動、睡眠に加えてストレスなど、健康的だと言えますか?

生活習慣が不健康だと実感している人は、まず生活習慣の改善から始めましょう。
そして身体全体の事も重要ですが、髪の毛に関しては頭皮環境も非常に重要です。

カラーリングやパーマは頭皮や髪の毛に大きなダメージを残します。
またシャンプーやドライヤーのやり方が間違っていると、やはり頭皮や髪の毛にダメージを与えます。
そのため自分のやり方は正しいのか、一度確認をしてみて下さい。

そして頭皮環境を整える方法として、オススメしたいのがマイナチュレです。
マイナチュレには、育毛成分と抜毛を予防する成分が配合されています。
しかも医学部外品として厚生労働省の承認も得ているので、効果があるとしっかり保証されています。
肌に優しい成分なので、敏感肌の人でも安心して使用する事が可能です。

初回は980円で購入する事が出来るので、試しやすい価格帯だと言えるでしょう。
自分にはまだ早いと思っている人もいるかもしれません。
ですがまだ早いと思っているうちに、気付けば手遅れになってしまわないように、出来るだけ早い段階からケアをスタートさせましょう。

薄毛にならないためには食生活の改善を

薄毛になってしまうのは、遺伝だと決めつけている人もいるかもしれません。
確かに遺伝が無関係だとは言いませんが、遺伝よりも影響を受けるのは生活環境にあります。
私達の身体は、私達が食べたモノによって作られています。
もちろん、髪も同様です。
そのため、薄毛にならないためには、食生活を改善する事が効果的だと言えます。

まず食生活では、腸内環境を整える事が重要です。
腸内環境=便秘の解消とイメージする人もいるかもしれません。
ですが、便秘が解消されるという事は、不要物が体外に排出される事を意味しています。
そのため不要物がなくなれば、血行の流れもよくなります。
そうすると、髪にも影響がしっかり行き届くので、薄毛になるのを予防する事が出来るという訳です、

そして食生活で心がけたいのは、栄養バランスのとれた食生活をする事です。
○○は髪の育毛に効果がある食べ物という話を聞くと、そればかり食べてしまう人がいます。
しかしそうすると、栄養のバランスが偏ってしまいます。
健康が損なわれた場合に、髪だけ元気なんて事はありません。
健康な状態で髪も元気な状態を目指すためには、栄養のバランスのとれた食生活を心掛けましょう。

ちなみに育毛効果がある栄養素には、どんなものがあるのかいくつか紹介していきます。
「亜鉛」はうなぎや牡蠣、海藻類に多く含まれる成分です。
脱毛を予防する効果があります。
「ビタミンC」は、美肌効果がある事で有名ですが、頭皮にも効果的です。
ビタミンCは、果物や野菜などに多く含まれています。

「ビタミンE」には、血行の流れをよくする働きがあるため、頭皮に栄養を運んでくれます。
アボカドやナッツ、ごまなどに多く含まれる成分です。

そして大豆に多く含まれる「イソフラボン」は、女性ホルモンによく似た働きをする成分として有名です。
薄毛になる人の多くは、男性ホルモンが多い人です。
男性の方が薄毛になりやすく、女性の方が薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが大きく関与しています。
そのため食生活の中で、意識してイソフラボンを摂取していくといいでしょう。

噂を鵜呑みにするのは禁止

男性は特に加齢に伴い頭髪に危機感を覚える人も少なくないでしょう。
そして頭髪を守るために、頭髪に効果があると言われている事を、いろいろ試す人も多いかもしれません。
「○○が頭髪にいい」という噂は、いろいろ出回っていますが、それらの全てに効果があるのか?というと、中には首をかしげたくなるような噂もあります。

医学的に根拠があるのであれば、話は別ですが、あまり噂に振り回されていろいろと試してみるのは逆効果です。
では、いくつか噂を検証してみましょう。

まずよく言われるのが、ワカメは頭髪にいいからたくさん食べた方がいいという噂です。
これは昔から存在する噂ですが、実は医学的根拠は全くありません。
ただし、ワカメにはミネラルや髪の育生を促す成分が含まれている事は事実です。

ですがそれはワカメだけを食べていたら、頭髪が元気になるという事ではありません。
むしろ栄養の偏った食事は、頭髪にいい影響を与えませんから、お味噌汁などでワカメも摂取しつつ、他の食材もバランスよく食べる事をオススメします。

他にも、頭皮に刺激を与えた方が血行がよくなるため、頭皮が元気になる。
だからヘアブラシで頭皮を叩くのがいいなんて噂もあります。
一見科学的根拠がありそうにも見えますが、実は頭皮をブラシで叩くのはNGです。

頭皮をマッサージして血行をよくする事は効果的です。
しかしながら、ブラシでは刺激を与え過ぎてしまい、頭皮を傷つけてしまう可能性の方が高いのです。
強い刺激は逆効果で、抜け毛の原因になってしまうので、注意が必要です。

ではタバコを吸う人は、ハゲやすいという噂は本当でしょうか?
最近は喫煙者自体が減少傾向にありますが、それでも喫煙者の中にはハゲている人もいれば、髪はフサフサの人もいます。
ですがタバコは健康を害する嗜好品である事は、誰でも知っている事ですよね。
そしてタバコを吸う事で血行の流れは悪くなります。
そのため、頭皮の血行の流れも悪くなるため、髪に栄養が行き届かないという事は考えられます。

つまりハゲてしまう原因は、遺伝や生活環境、ストレスなどと深く影響しているため、タバコだけ止めれば問題は解決すると断言する事は出来ません。しかし髪に悪いと思われる事は止めて、健康にいいと思われる事をするという行為を行う事で損をする事はないでしょう。